iOS既存プロジェクトにテストを追加する場合のハマりどころ

一番良いのは常に⌘Uを押してテストが通るか確認すること。
ある程度開発が進んでから、テストを書こうとするとどこに原因があるのか探すのに時間がかかる

Objective-Cのコードを使っている場合

テストTargetsに「Objective-C Bridging Header」の指定が漏れている


CocoaPodsを使ってる

ProjectのConfigurationsにPods.debugの指定が漏れている


CocoaPodsのresourceファイルがある

Build Phasesに「Copy Pods Resources」が指定されていない


上記の対応をするとうまくテストを実行する事ができました。
今回のプロジェクトはJSONのレスポンスをそのままCoreDataに保存するライブラリを使いました。
https://github.com/hrk-ys/HRKModelTransfer

DataStoreの辛いところ

# DataStoreの限界 FacebookやインスタグラムのようなSNSで、投稿、公開範囲、お気に入りなどの機能をDataStoreで実現しようとするとどうしても辛くなる。 ## DataStoreで実現可能? - users - id - feeds - i...