はじめてのRuby


RVM(Ruby Version Manager)


  • RVMとは複数バージョンのRubyを使えるルーツ

rvmのインストール

$ curl -L get.rvm.io | bash -s stable
.bashrcに追加
source ~/.rvm/scripts/rvm

Rudyのインストール

rudyのインストール可能なバージョンを確認
$ rvm list known

rudyのインストール
$ rvm install 1.9.2
The provided compiler '/usr/bin/gcc' is LLVM based, it is not yet fully supported by ruby and gems, please read `rvm requirements`
 - Mac OSX Lionではインストール時にエラーが出たので、下記を実行
   - export CC=/usr/bin/gcc-4.2


インストールバージョンの確認
$ rvm list


最新版にするには
$ rvm get head
$ rvm reload

Rudy on Railsのインストール

Rudyのパッケージ管理ツール(gem)を使用してrailsをインストール
$ gem install rails

アプリケーションの作成

プロジェクトの作成

$ rails new books

パッケージの管理

Bundlerは複数のPCで必要なGemパッケージをインストールする仕組みを提供してくれる
 - Gemfile : 必要なパッケージ情報
 - Gemfile.lock : インストール済み情報

静的コンテンツ

PROJECT/public

MVC生成コマンド

コントローラの作成

$ rails generate controller [コントローラ名]

DBの作成

$ rake db:create
 - config/database.yml の内容でDBを作成する

モデルの作成

$ rails generate model title

Scaffold機能

 - controller, model, viewをコマンド一つで実行してくれる


マイグレーション

テーブルの作成や、変更の仕組みとしてマイグレーションと呼ばれる機能を提供

マイグレーションスクリプト実行

$ rake db:migrate


レスポンス関連

レスポンス形式の変更

    respond_to do |format|
      format.html
      format.json {render :json => オブジェクト}
      format.xml  {render :xml => オブジェクト}
    end

リダイレクト

    render_to :action => 'アクション名'

0 件のコメント:

コメントを投稿

.mitmproxyを使ってHTTPSの通信を確認

公式のドキュメント https://docs.mitmproxy.org/stable/ # install ## mac ``` $ brew install mitmproxy ``` ## iPhone ### 証明書 セキュアな通信を傍受するために、プロファイ...