iOS UIImage+ImageEffectsの調整をするサンプルコード

Blurを使ってぼかした画像を表示したい場合、iOS7もサポートしていると、iOS8から導入されたUIBlurEffectを使う事ができません。

ほかにもすでにCococaPodsなどでたくさん便利なものが出回っているので、実装自体そんなに大変ではないと思います。

が、デザイナーさんが表現したいぼかし具合を作るのがなかなか難しかったので、実際にパラメータをいじりながら調整できるサンプルコードを書きました。

今回対象にしているのは、Appleのサンプルコードです。

https://developer.apple.com/library/ios/samplecode/UIImageEffects/Introduction/Intro.html#//apple_ref/doc/uid/DTS40013396-Intro-DontLinkElementID_2


実際につくったものはここ

https://github.com/hrk-ys/BlurSample


実装 

UIImageEffects.h
+ (UIImage*)imageByApplyingBlurToImage:(UIImage*)inputImage
                            withRadius:(CGFloat)blurRadius
                             tintColor:(UIColor *)tintColor
                 saturationDeltaFactor:(CGFloat)saturationDeltaFactor
                             maskImage:(UIImage *)maskImage;

blurRadius、tintColor、saturationDeltaFactorをそれぞれSliderやColor PickerっぽいUIで設定できます





0 件のコメント:

コメントを投稿

.mitmproxyを使ってHTTPSの通信を確認

公式のドキュメント https://docs.mitmproxy.org/stable/ # install ## mac ``` $ brew install mitmproxy ``` ## iPhone ### 証明書 セキュアな通信を傍受するために、プロファイ...