React Native react-native-router-fluxを使って開発も楽にする!

React Nativeのページ遷移をreact-native-router-fluxを使ってると、開発段階でもすごく効率よく開発できる。

例えば、ページが深い所にある場合、再起動してそのページに遷移するのが面倒になる。
でもreact-native-router-fluxのinitialを指定すれば、そのページから起動することが可能

react-native-router-fluxで例を見ると

```

 
   
     
     
       
       
     
     
     
     
      initial
/>     
       
       
       
     
     
       
         
           
           
         
         
           
           
         
         
         
         
       
     
   
   
 

```

tab2_2の画面を表示したい場合、launchが初回表示され、
「tabbar」=> 「tab2」=>「tab2_2」のようタップする必要がある。

これを以下のように指定すると、起動時にtab2_2が表示される。

```
 
   
     
     
       
       
     
     
     
     
     
     
       
       
       
     
      initial
>
       
         
           
           
         
          initial
>
           
            initial
/>
         
         
         
         
       
     
   
   
 
```


0 件のコメント:

コメントを投稿

.mitmproxyを使ってHTTPSの通信を確認

公式のドキュメント https://docs.mitmproxy.org/stable/ # install ## mac ``` $ brew install mitmproxy ``` ## iPhone ### 証明書 セキュアな通信を傍受するために、プロファイ...