Google DataStoreのID管理について

前提

DataStoreは分散してデータを保存しているため、データ数が膨大になっても、
パフォーマンスが落ちることがない。

ただし、その分考慮しないといけない部分も多い

連番

基本的には使えない、データを複数拠点で管理しているため、同期をとろうとすると、パフォーマンスがボトルネクになるため、オートインクリメントなどはない。

また連番にすると、データの格納先が分散されないため、そもそも良くない。


要件

連番表示

それでも人が作業する場合に、管理IDなるものは連番の方が何かと処理しやすかったりする。

なのでデータの保存用のIDと表示用のIDを準備して対応する。

事前のID取得

IDに紐づいてファイル名などを決定したい(別でファイル名作ってもいいけど・・・)


連番の生成方法

その1

連番はmemcachedでインクリメント
※ここって整合性は保証される?

その2

連番はCloud SQLを使うmysqlのMyISAMでシーケンステーブルを作成


事前のID取得

その1

DataStoreにKey専用のEntityを作る
- UserID IDの発番用に使う
- User

その2

UUIDを使う?

0 件のコメント:

コメントを投稿

.mitmproxyを使ってHTTPSの通信を確認

公式のドキュメント https://docs.mitmproxy.org/stable/ # install ## mac ``` $ brew install mitmproxy ``` ## iPhone ### 証明書 セキュアな通信を傍受するために、プロファイ...