perltidyをインストールしてみた

インストールはいたって簡単

$ cpanm install Perl::Tidy


そうすると、perltidyがインストールされる。

$ which perltidy
/usr/local/bin/perltidy


あとはそれを使い綺麗にしてもらう。

perltidy old_sample.pl -o old_sample.pl


エディターなんかに登録すると、らくちん
~/.vimrcに

map ,ptv :'<,'>! perltidy
map ,pt :%! perltidy

を追加して、
,ptvを入力すると選択している箇所が、
,ptを入力すると、ファイル全体を綺麗にしてくれます。

ついでに~/.perltidyrcも公開

-l=78 # Max line width is 78 cols
-i=4 # Indent level is 4 cols
-ci=4 # Continuation indent is 4 cols
#-b # backup
#-st # Output to STDOUT
-se # Errors to STDERR
-vt=0 # vertical tightness
-cti=0 # Closing Token Placement
-pt=1 # Medium parenthesis tightness
-bt=1 # Medium brace tightness
-sbt=1 # Medium square brace tightness
-bbt=1 # Medium block brace tightness
-nsfs # No space before semicolons
-nolq # Don't outdent long quoted strings
-bbvt=1
-bar
-ce
-nsbl
#-sot
#-lp
# Break before all operators
# -nibc コメントが先頭にくる
# -olc
# -isbc
-wbb="% + - * / x != == >= <= =~ !~ < > | & >= < = **= += *= &= <<= &&= -= /= |= >>= ||= .= %= ^= x="

0 件のコメント:

コメントを投稿

.mitmproxyを使ってHTTPSの通信を確認

公式のドキュメント https://docs.mitmproxy.org/stable/ # install ## mac ``` $ brew install mitmproxy ``` ## iPhone ### 証明書 セキュアな通信を傍受するために、プロファイ...